平岩幹男 ホームページ  The World of Dr.HIRAIWA

Rabbit Developmental Research (ラビット発達臨床研究所) 
                    
本文へジャンプ
"

A


Welcome to my Homepage  更新 2020.02.27. 基本的に毎週更新)

             
1999年にウォーキングを始めてからの総歩行距離 81080km
           (昨年12月80000kmを超えて地球3周目に入りました。3周達成できればうれしいですが)
             昨年5597km(14年連続4000q超え)。今年の歩行距離 
901km
                                            
           お知らせ

そろそろ2月も終わりそうです。「読むトレGO!」は漢字交じり語句集も大体できて、編集は大詰めになってきました。あと2週間くらいで
大体仕上がるかなと思っています(そうすると本になるのにはそこから2か月あまり)。ソフトの方もおおむね順調です。先日の愛媛での講演が
無事に終わり、一般向けの講演は当分ありません。いろいろな今後の展開を考える時期かもしれないですね。
来週はAMEDを入れてのミーティング、再来週は小児科医を希望する医学生の集まりなどオフィスでの会合も増えています。


岩波ジュニア新書「発達障害:思春期からのライフスキル」は昨年11月20日に上梓されました。左に注文ボタン貼りました。
7年前の岩波新書は昨年10月に9刷りが出ました。3万部を超えました。今年はディスレクシアトレーニングブックの全面改訂予定です。

なかじまクリニックでの次回の初診受付は5月12日火曜日の予定です。近くなりましたら詳細を出します。


子育て中にスマホにメモを載せておきたい情報。DropboxでもGoogleでも医療機関受診などで迷わないために・・・
PDFの内容をまとめておきましょう memo.pdf へのリンク


講演について
スケジュールが空いていればお手伝いできます。水曜日、木曜日は外来日ですので3か月以上前に
連絡してください。日時指定は受けられないことも多いです。2020年3月以降はまだ空いているところがあります。

以下に一般参加が可能な講演会を並べておきます(学会や研修会などで一般公開されないものは掲示しません)。

発達性読み書き障害(ディスレクシア)トレーニングブックは平成30年8月22日に増刷となり、それにあわせて付録部分を
少し増やしました。初版をお求めになった方への対応も必要なので付録部分のPDFを無料で公開します。
PDFはappendixadd.pdf へのリンク
 2020年4月、4刷になりました。本年全面改定の「読むトレGO」を出す予定です。
改訂版はトレーニングページが10倍になり、漢字も学年別に小学校6年まで入ります。中学生も検討中

AMAZONでの私の著作物のまとめページです。
AMAZONまとめ


就学について就学前に学校と相談したい場合(通常は就学前の2月頃が多いです)の参考資料

就学先が決まった後にいろいろな配慮などをお願いするためのものです。就学時健診の前の就学相談で使うことはお勧めして
いません。なぜならば多くの教育委員会にとっては就学相談は実質上特別支援につなげることを前提としていることがありますので
合理的配慮などのリクエストを出すことは、すぐに通常学級では無理ですというような反応につながりやすいです。

通常学級に就学する場合 IEPprimary2.pdf へのリンク

支援学級・支援学校に就学する場合 IEPhandicap.pdf へのリンク

読みの苦手さがある場合に練習する文字カード。厚めの紙に印刷して切り離して使ってください
いずれもUD教科書体フォントに変更しました。


ひらがな hira2.pdf へのリンク
以前のゴシック体のバージョンはhiragana.pdf へのリンク
かたかな kata2.pdf へのリンク


家庭でできる発達障害の子が自立するために 身につけておきたい大切なこと
おかげさまで今月、7刷17000部になりました(2017年12月5日初版発行)
書店やAMAZONでは購入できません。生協あるいは出版社になります。出版社のアドレスは こちら


監修の発達障害の子どもたちへの言葉かけも2019年4月に15刷りになり15万部を超えました。

発達性協調運動障害についても対応を始めています
開発をしておりました発達性協調運動障害でのデータをとったラクダリングwittyが発売されました。URLは こちら
現在データをとっているstyle kidsのURLは こちら
これらについても書籍では少し紹介しました。


なかじまクリニック発達外来(平岩外来)の予約

平岩外来の初診受付について


初診、再診とも完全予約です。どんなに遠くからであっても予約なしの受診希望には対応いたしません。
連絡なしのキャンセルの場合には、次回の予約は取れません。

最後の診察から2年を経過した場合に受診を希望される場合には、再診ではなく、初診予約からお願いいたします。
再診の場合、なかじまクリニックの外来予約を電話で変更される場合には変更後の枠はすべて10分になります。

 
毎回起きることですが、本来は取れていたはずの予約が取れないケースがあります。
一番多いのは、スマホから申し込み、パソコンからのメールが受信拒否設定(最初はそうなっていることが多い)のままですと
返信メールをパソコンから送りますので、届かず、予約が取れません。次に多いのは受診理由が不明確な場合で、教育やWISCなどの
問題を書かれても、何に困っているかがわからないので受けられません。あとは生年月日や連絡先不記載の場合も取れません。


  

プロフィール 発達障害 乳幼児健診
医師になって44年目が終わろうとしています。主に障害を抱えた子どもたちへの医療が中心でしたが、最近では自閉症を中心とした発達障害にどっぷりとつかってしまった生活です。平成4年から行政の仕事にも携わってきましたが、やりたいこともたくさんあって平成19年3月に退職してフリーになり、13年目に入りました。診療や相談も続けていますし、原稿書きも行なっています。親の会や障害関連NPOのお手伝いもしています。そんなこんなで忙しい生活ですが、高齢者の仲間入りをしたので、ギアチェンジして無理をせずに生活を楽しむことが目標です。馬齢を重ねつつできることを少しずつです。
発達障害とは「発達の過程で明らかになってくる行動やコミュニケーションの障害で、根本的な治療はないものの、適切な対応により社会生活上の困難は軽減することが可能な障害」と私は定義しています。あくまで発達の過程で明らかになる障害であり、様々な種類があります。ADHD,自閉症スペクトラム障害、学習障害が主なものです。自閉症の中で、知的障害のない高機能自閉症はアスペルガー症候群と呼ばれていることもあります。発達障害には,適切な対応が基本です。最近は言葉の遅れをきっかけとした幼児期の自閉症の方の受診が増加しています。診断すら受けられなかったり、適切な対応がなく単に様子を見られていることも多いようです。
1976年以来、40年以上乳幼児健診に携わってきました。数万人以上の子どもたちを診てきたと思いますが、何度健診をしても後でああすればよかった、こうすればよかったの繰り返しです。最近では子どもたちを診ているだけではなく、背後の家族を支えることも含めた子育て支援型の健診ができるのではないかと考えるようになりました。障害や疾患を早期に発見することはもちろん大切ですが、それだけではなく診察を終えたときに親子の自然な笑顔が見られるようにしたいと考えるようになりました。私にできる子育て支援はそんなところからです。時間がある時には赤ちゃんと触れ合っています。乳幼児健診に専門性を持って携わるための教育にも関わって行きたいと思います。

川平湾の石垣ブルー

石垣島の朝の海

竹富島:シーサーとハイビスカス

思春期のさまざま 受診・相談・講演など 趣味の世界  
思春期には体の問題だけではなく、心や行動などさまざまな問題を抱えることが少なくありません。そうした相談を15年以上行なってきました。また小中学生の保健行動調査も行い、子どもたちのおかれている状況も調べてきました。不登校やひきこもり、摂食障害やリストカットなどの問題を抱える子どもたちも増えてきています。若年妊娠や性感染症の問題もあります。子どもたちと一緒に時間をかけることで多くの相談には対応してきましたが、現在は外来診療の一環として行なっています。発達障害と同様にかなり時間と労力のかかる仕事です。しかし時折見ることのできる子どもたちの笑顔は何物にも変えがたいと感じていますどうやって子どもたちに健康の自己決定権(Health Literacy)を持ってもらうかが課題です。 発達の遅れや思春期の問題を抱えている方、自閉症を含む発達障害を疑われた、あるいはそう診断された方(現在は年齢を制限しています)への対応や相談を行っています。診断だけならともかく、その後の対応まで考えるとなるとそれなりに時間がかかりますので、外来はすべて予約で行なっています。なかじまクリニックを中心に外来を行なっていますが、新患予約はすぐに埋まります。
講演を依頼される場合には、なるべく6か月以上前に依頼をお願いします。発達障害や乳幼児健診についてのお話が多くなっています。超実践的な対応セミナーのお手伝いもしています。著書は、単著は16冊、全面改訂を入れれば19冊です。
現在執筆開始したものが1冊、岩波ジュニア新書は11月に出ました。
趣味はたくさんあります。まず生活の一部になっているのはウォーキングです。なるべく1日に10km以上歩くようにしています。次は京都や奈良です。高校生のときに一人旅で訪れて以来、毎年、仕事やプライベートで行っています。今年も春の桜、青紅葉、そして祇園祭にもちょこっと行ってきます。最近では写真にも凝っており、14年前に待望のデジタル一眼レフを手に入れました。人物は苦手で、もっぱら花と風景です。まわりの写真は自分で撮影しました。最近は軽いハイエンドコンパクトデジカメを持ち歩くことも増えました。囲碁と将棋はそれぞれ初段ということになっておりますが、インターネットでの対局も最近はしていなくて、iPadではそれぞれ初段級のソフトとたまに格闘しています。  

竹富島:ブーゲンビリア
 石垣島:白保の日曜市

竹富島から西表島を望む

SECURITYの関係上、このページへの直接の書き込みや掲示板は設定しておりません。

当ホームページはリンクフリーではありません。商業的サイトを含めて、リンクの場合はあらかじめご連絡ください
ご連絡をいただいてから判断いたします。
オフィス

〒335-0021  埼玉県
戸田市新曽1991
リノリーゾ406号

常駐はしておりませんので書留、レターパック510、ゆうパックには対応できません。宅配ボックスはあります。