趣味の世界


私の趣味についてのページです


ウォーキング

学生時代は歩くことが好きでしたが、社会人になってからは忙しさもあって、ほとんど自動車で移動する生活になっていました。平成4年に無理がたたって体調を崩し、平成8年からなるべく自転車の生活になり、平成11年から歩くことを始めました。今年で16年目になります。最初は14kmを目標にしていました。年間歩行距離も1300km程度でしたが、平成18年からは4000kmを超えています。平成25年は5000kmを超えました。毎月とりあえず300kmが基本で、平成19年5月は夢の月間500kmを達成しました。平成20年6月も達成しました。日本ウォーキング協会の指導員資格も持っています。平成18年から10年連続で年間4000kmを超えています。今年も達成したいです。


日々のウォーキング

毎日、屋外で歩いた距離を記録しています。ずっと戸田市スポーツセンターのトラックを歩いていました。トラックの一番外側を歩くと3周で1kmになります。これを15周以上歩くことを目標にしていました。夜は一杯やってしまうので、専ら朝早く歩いています。冬はまだ暗いうちから歩くので、オリオン座を見ながら・・ということもありました。顔なじみも増えていました。しばらくは1周3kmとkmの周回コースを作ってそちらを歩いていましたが、最近はまた復帰しています。なるべく1日10km以上を歩くようにしています。時速はあまり速くなくて大体5.5〜6.0kmですから11kmだと2時間になります。この速度だと、ウォーキング大会などで20km以上の場合でも同じ速さで歩くことが出来ます。休みの日には道満グリーンパークをめぐる15kmや20kmのコースを歩くこともあります。最近は笹目川沿いやボートコース沿いなど水辺を歩くことが多くなっています。


七福神めぐり

以前はウォーキングを兼ねて七福神めぐりをしていました。ご朱印がいただけるのは主に正月ですが、探してみるとたくさんあります。埼玉では与野と川越が有名で、与野は道がわかりにくいので川越がお勧めです。ちょうど昔からの川越を一巡する感じになります。都内にはたくさんあって、谷中、下谷、浅草、柴又、千住、東海、山の手、池上、日本橋、江戸などさまざまを歩きました。ちょっと歩きのお勧めは日本橋か下谷(1時間くらい)、もうすこし歩きたいときには谷中か江戸でしょうか。千住や柴又、東海は最近になって設定された七福神です(歩いてはいませんが小石川七福神も)。鎌倉にもあります。鎌倉七福神は北鎌倉から始まって最後は江ノ島ですので全部歩けば3時間くらいかかります。遠くでは京都の都七福神があります。日本最古といわれていて、京都の北から南までに分布しています。全部歩くと2日はかかりそうなので、1日で回れる観光バスに乗りました。大和七福神も奈良盆地にあります。電車やバスも使って回りました。大阪の七福神は真ん中に集中しているので、氷雨の日に歩いて回りました。神戸の七福神は途中、雪で難渋しましたが、最後はロープウェーで有馬温泉に着き、温泉を楽しみました。物の本で調べてみると北は北海道から南は九州までまだまだたくさんの七福神があります。そのうちに七福神ウォークも再開しようと思っています。


観音めぐり

何年か前のゴールデンウィークに秩父に行きました。34の札所を回って、ご朱印を集めたわけですが、遠いところはバスも使って3日で回りました。それでも歩行距離は78kmになりました。西国三十三観音めぐりは近畿地方から岐阜県まであります。夏と秋に分けて電車、バスも使って回りました。交通の不便なところが多く、時間の関係で一部タクシーも使いました。全部歩いて回れば1か月はかかるそうです。苦労しながらの山登りなども数多くありましたが、最後の谷汲山華厳寺で打ち上げ、近くで満願の湯に入ったのが思い出です。坂東三十三観音めぐりは途中です。近いところが多いので、いつでも行けるという気軽さからかなかなか進みません。あと10か所ほど残っています。全部回れば秩父、西国と合計で百観音になり、善光寺にお礼参りということになります。善光寺はたたずまいが好きなので、ときどきお参りしてはいますが。

観音めぐりとは少し違いますが、四国遍路にも挑戦してみたいと考えています。全行程1500km、歩けば2か月はかかるということで、まだ実現していませんし、当分は無理なようです。歩く力があるうちに・・と思っています。


東海道歩き

あるときに東海道を歩いてみようと思いました。朝、日本橋を出てからガイドブック(東海道を歩く、山と渓谷社、こんな便利な本があります)を手にひたすら歩き神奈川宿の手前、京浜東北線の新子安に到着して1日目を終わりました。江戸時代の本では当時、女は18里、男は10里と書いてあります。女の人なら神奈川宿まで、男ならその先の保土ヶ谷や戸塚までということになりますから、歩きなれている私でも江戸時代の基準ならば女性の距離にもならないということです。次は別の日に新子安から茅ヶ崎まで(これは40kmくらいありました)、そして少しずつ距離を重ね、箱根の山も歩いて越え、現在は静岡県の富士川までたどり着いています。遠くなってくると日帰りが厳しくなることもあって、なかなか進みません。京都の三条大橋に着くのはいつのことでしょうか。


ウォーキング大会

日本全国たくさんのウォーキング大会があります。大体は120kmくらいを2日歩くもので、土日に設定されていますが、中には3日間歩くスリーデーマーチもあります。北海道から沖縄まで100以上の大会があります。もっとも有名なのは東松山で行われる日本スリーデーマーチで、もう25回を超えています。文化の日のころの3日間で、多いときには10万人が世界各国から出場します。2回参加しましたが、いろいろな国の方とお話をすることができました。ここまで規模が大きいのはこの大会だけですが、大会はいろいろとあります。北海道の洞爺湖のツーデーマーチには学会の帰りに寄りました。洞爺湖の温泉に泊まっての2日間でした。山形の鳥海ツーデーマーチには講演の後に寄りました。そのほか埼玉県では川口見沼ツーデー(毎年9月)にもときどき出かけています。いままでに出たのは高崎ツーデー、倉敷ツーデー、福山ツーデー、大和路ツーデーなどですが、行って見たいのは北海道のオホーツク(ツーデー2つでフォーデー)や沖縄のやんばるツーデーです。機会があればと思っています。日本ウォーキング協会のホームページを見るとこれでもか・・というくらいの大会が掲載されています。しかし最近では
土日はむしろそ仕事が入るのでぜんぜん参加できていません。


京都あるいは古都歩き
京都が好きです。高校1年生のときに一人旅で最初に訪れてから多分100回は超えました。奈良も大好きです。昔は日吉館という旅館があって、頑固なおばちゃんに頼み込んでよく泊めてもらいました。何人でも泊めてしまうので、時には雑魚寝でした。鎌倉にも年に数回出かけますし、金沢や松江も好きです。仕事がらみやプライベートでよく訪れています。話は戻って京都ですが、美術、歴史、風物、佇まい、食べ物と全部OKです。美術ではやはり東寺(正式には教王護国寺)の立体の曼荼羅です。大日如来を中心とした諸仏には圧倒的な迫力があります。中でも不動明王は圧巻です。ここは何度訪れたかわかりません。食べ物も大好きです。季節それぞれにおいしいものがあります。野菜がなによりもおいしいです。フレンチ、イタリアン、中華もおいしいところがたくさんあります。地元の人しか行かないディープな世界も楽しんでいます。そのうちに「こっそり特集」をしようかと考えています。


嵐山、正月の夜明けです

祇園白川の夜桜です。
childneuro2018.pdf へのリンク
tokyou2018July.pdf へのリンク