思春期のさまざま
「いまどきの思春期問題:子どものこころと行動を理解する」が2008年7月10日に上梓されました。
思春期には様々な問題が起きてきます。もちろん体の問題が多いのですが・・肥満、やせ、身長、月経、性の問題など・・こころや行動の問題も少なくありません。平成6年から16年まで11年間にわたって戸田市民を対象として無料でこころの問題を中心とした思春期相談を行なっていました。11年間で1000人を超える子どもたちがやってきました。現在は外来診療の方に移して市民以外の方の相談にも乗っております。最初は不登校の子どもたちが主でした。そのうちに非行、若年妊娠、リストカットなどの問題や、摂食障害を抱える子どもたちが多く来られるようになりました。最近では高機能自閉症やADHDを中心とした発達障害の子どもたち(大人の方もですが)が増えています。自分自身が思春期であった時代から50年もたつと、なかなか子どもたちについていけない場合もありますが、一緒に考え、一緒に汗をかき、一緒に悩むというスタンスでこれからも出来ることをしてゆこうと考えています。

思春期のいろいろ

思春期には・・

思春期には不登校や摂食障害、家庭内暴力や少年犯罪、いじめや行動の障害などをはじめとして心理的要因の介在する問題がしばしば認められることは古くから知られていますが、わが国でのいままでの対応は十分ではありませんでした。これら思春期を巡る問題は、しばしばマスコミなどで取り上げられ、青少年の関与する事件が起こったり、不登校についての統計が明らかにされたりするたびに世間の話題となりますが、一貫性のある対応が進展したとは言えない状況でした。

保健という面から考えてみると、ライフサイクルに沿った保健は元来一元的に管理するべきものですが、思春期は学校保健という形で文部科学省の範囲に入り、一般的な母子保健を管轄する厚生労働省の範囲ではありません。保健におけるこの2層構造がわが国における思春期保健の社会資源の育成を阻んできました。すなわち一般的に保健を担当している保健所や市町村の保健センターは、厚生労働省の管轄とされるため、思春期に対応する適切な人材育成や事業の設定を行ってきませんでしたし、厚生労働省においてもエンゼルプランまでは思春期を取り上げていませんでした。最近のすこやか親子21では現状に鑑み4本の柱の一つに思春期を加えましたが、具体的な思春期保健の推進方法についてはまだ模索の状態です。医学の面でもわが国では小児科と内科の境界がおおむね15歳とされ、小学生から高校生にいたる思春期を通してみるという対応はされておらず、日本思春期学会などでは対応の必要性を古くから叫んではきたものの思春期を通して対応する診療体制はほとんど整っていません。


思春期の問題と対応

思春期の問題への対応は柔軟性とともにしばしば迅速性が求められます。たとえば若年妊娠では、気づいたときには週数が進んでおり、出産か妊娠中絶かを選択する時間が少ないことがよくありますし、自殺企図や希死念慮には即時に対応することが求められます。また相談に時間がかかることも思春期の特徴であり、たとえ本人が面接にやってきたとしても初めから積極的に話すことはほとんどなく、時間をかけながら少しずつ話すのを待つことになります。不登校やひきこもりの相談では本人が最初から来ることはまれであり、家族との話から始まり、家庭訪問などでようやく本人と話し始めることも少なくありません。一方、心理的な主訴であっても身体的な疾患が原因であることも少なくないので、ただ相談に乗ればいいというものではなく、状況によっては医学的チェックも欠かせません。表に著者がこれまでに経験した「不登校を主訴としたが実際にはその他の疾患と診断した疾患のリスト」を掲げましたが、このように実にさまざまな疾患が発見されます。

 

表 不登校を主訴としたが実際にはその他の疾患と診断した疾患のリスト
  精神や行動の疾患:神経性食欲不振症、高機能自閉症、ADHD, 学習障害、
       統合失調症、うつ病、児童虐待

   身体疾患:気管支喘息、アトピー性皮膚炎(これらは逆に不登校で
       あっても疾患として分類されていることもある)、
       過敏性腸炎、慢性・急性の胃炎、睡眠障害、偏頭痛、
       膠原病、慢性疲労症候群、慢性腎炎、起立性調節障害

   その他に学業不振を伴う精神遅滞


リストカット

症状は「手首を切ること」、15歳以下のリストカットでは、経験した全員が女子で、その13例では、全員、切っていたのは利き腕の対側の前腕内側であり、11人は細く表皮のみを1−3mm間隔で丁寧にカットしており、2人はそれに加えてやや深い傷が見られていました。使用した用具はカッターが12人、かみそりが1人で、リストカットを実行した場所は学校のみ2人、家庭のみ9人、学校と家庭の両方2人で、学校でのリストカットはすべてトイレの中で行っていました。

リストカットは自殺の方法としては極めて古典的な方法であり、縊死とならんで、いわば誰でも知っています。リストカットは従来、自殺と直結して考えられていたが、最近では嗜癖(addiction)と考えられるような例にしばしば遭遇するようになりました。これらの例では必ずしも死の意識が前景にあるわけではなく、自殺企図としてのリストカットとは異なる面があります。しかし嗜癖に見えるようなリストカットが自殺に結びつくケースも報告されており、注意が必要です。


うつ病

うつ病はきわめて一般的な疾患であり、不眠、食欲不振、倦怠感、疼痛などが成人では代表的な症状とされ、大うつ病の生涯有病率は13-17%と推定されており、軽症例を含めればそれよりも多いと考えられています。小児ではこれらの症状は実際には見られていても、小児の医療機関への受診は保護者の意志に基づいて行われることが多いため、最初に挙げた症状での医療機関の受診は多くはないと思われます。うつ病は治療面では選択的セロトニン再吸収阻害剤(SSRI)が使用可能になるなどの進歩が見られますが、現実には自殺との関連が強く疑われ、子どもたちにとっても無視できない病態です。いじめの被害者や加害者にも抑うつ傾向が強いことも過去に報告しました。抑うつ状態がうつ病において大きな危険因子であることは確かですが、わが国では「抑うつ状態」についての調査はいくつか行われているものの、小児を対象とした人口ベースのうつ病の調査は見当たらないので、実際の子どものうつ病における症状頻度は明らかではありません。米国の調査ではうつ病の有病率は学童から思春期では1000人当たり2050人と考えられています。薬物治療もありますが、まず大切なことは、本人の話をよく聴くことで、自分の言葉で自分のことを話すことができるようになるまで支えてゆくことが基本ではないかと考えています。